政府が、感染症法上の分類で「2類相当」としている新型コロナについて、“第7波”の収束後に本格的に見直す議論に入ることがわかりました。一方で、岸田総理は慎重な発言に終始しています。いったいなぜでしょうか…