アメリカの4月から6月までのGDP=国内総生産が先ほど発表され、前の3か月と比べて年率換算でマイナス0.9%となりました。マイナス成長となるのは2四半期連続で、「アメリカが景気後退に入った」と認定される可能性…