人気漫画を無断で掲載した海賊版サイト「漫画村」の運営者に対し、大手出版社3社が共同して、19億円の損害賠償を求める訴えを起こしました。

コンピュータソフトウェア著作権協会 久保田裕専務理事
「いまだ甚大な被害を生じさせている、海賊版サイトの運営者に対する強い警告。コンテンツの適正利用について、真剣に考えていただくきっかけとなることを期待」

海賊版サイト「漫画村」の運営者を訴えたのは、大手出版社のKADOKAWA、集英社、小学館の3社です。3社は漫画村に違法に掲載された「ONE PIECE」などの人気漫画17作品に対し、2017年6月から10か月で5億回以上のアクセスがあったとして、受けた損害の一部にあたる19億円の賠償を求める訴えをきょう東京地裁に起こしました。

運営者は刑事事件ではすでに、著作権法違反などの罪で有罪判決が確定しています。