2008年に東京・秋葉原で起きた無差別殺傷事件で、加藤智大死刑囚の死刑が執行されたことに関連し、磯崎官房副長官は死刑制度は存続すべきとの考えを示しました。磯崎官房副長官「罪責が著しく重大な凶悪犯罪を犯し…