桜島の噴火警戒レベルが最も高い5に引き上げられたことを受け、警察庁は、午後8時50分に警備局長をトップとする災害警備本部を設置し、関連情報の収集などを進めています。