先行きが不透明になっているロシア極東の石油・天然ガス事業「サハリン2」について、運営企業に出資する三井物産の安永竜夫会長は、「権益維持は必要」と述べました。ただ、ロシア側の条件次第で撤退も選択肢であ…