新型コロナの感染の急拡大を受け、後藤厚労大臣は濃厚接触者に求める自宅などでの待機期間を現在の原則7日間から5日間に短縮する方針を発表しました。後藤厚労大臣「感染拡大を防止しながら社会経済活動を維持する…