今月、気象庁が初めて発表した線状降水帯の予測情報について、長谷川直之長官は、空振りの可能性はあるが、「発表された場合は大雨への対応を早めにとってもらいたい」と理解を求めました。気象庁は、線状降水帯の…